RSS | ATOM | SEARCH
確報!第7回木の駅サミットin安芸高田12/1-2

木の駅につながる皆様へ

木の駅が始まって10年、サミットは数えて7回目になります。

この間木の駅からそれぞれの地域や人々はどう変わったのでしょうか?

2年前の奥出雲でのブロック会議でのこと。参加者から「俺が山仕事に出かけても、女房は『一銭にもならんことをやって』と言う。それが地域通貨になって『どうや!』と思った。けど、俺たちが木の駅でやっていることはそれだけやないはず、なんとか数字にできんもんじゃろか?」という意見が出た。みんな肯いた。

山がきれいになった、寄り合いや結いが増えた、薪ボイラーや薪ストーブが増えた、子どもらが山に興味を持ちだした、移住者が増えた、おっちゃんたちが山仕事や機械の工夫を始めた、福祉とつながった、商店が地域通貨の工夫を始めた、森林組合の仕事が増えた、行政が変わった・・・数え始めたらきりがない。

1日目の全体ワークショップではこれらの木の駅の多面的機能を全員で「あれも、これも」とワイワイガヤガヤ洗い出し、評価の専門家を交えて経済効果や地域活性機能などの視える化にチャレンジしたい。

今回の話題提供は、「林業新知識」誌で話題の甲賀木の駅の林業機械づくり、来年地域通貨国際会議を誘致した高山市木の駅の地域通貨、地元製材所と工務店との連携で枝打ち優良材流通の社会実験を始めた額田木の駅のプロジェクトとこれまでの活動から一歩踏み出した面白がり方と地域課題克服のノウハウが発表される。木の駅紹介では今年はどんな自慢と葛藤が発表されるかドキドキです。

2日目午後のオプション企画では、共通課題である搬出にまつわる知識とノウハウを高濱徹氏から学べるように用意しました。

産まれたての木の駅、マンネリ気味の木の駅、これからの木の駅、イケイケの木の駅、それぞれの課題と自慢を持ち寄り、いつものイイトコドリとオモシロガリと仲間づくりの「木の駅サミット」にしましょう。

兄弟木の駅会議 代表 丹羽健司

 

第7回木の駅サミットin安芸高田 の案内

 

テーマ 木の駅の多面的機能を検証する

テーマ◆安全簡単搬出のワザと道具

 

   日時:2018121日(土)13時集合〜2日(日)12時解散、

*オプション企画は213時〜15

会場:木の駅八千代  (広島県安芸高田市)

カンパネルラの館(いえ)で行います。(中国自動車道千代田ICから車で約15分)

(JR広島駅〜高速バス千代田ICバス停、*千代田ICバス停から会場までの送迎あり)

http://www.it-hiroshima.ac.jp/institution/yachiyo/

 宿泊は、アザレア千代田 (広島県北広島町)http://azaleachiyoda.com/  

●サミット参加費:10,000円(内訳概略:参加費1,000、宿泊7,000、懇親2,000

  2日目昼食希望者は別途に+1000円、+オプション企画希望者1000

●参加資格:既設または準備中の木の駅当事者、各駅原則3名まで

●問い合わせ

 summit@kinoeki.org  090-9916-1546(丹羽)090-2295-8375(谷川)

申し込み:木の駅ポータルサイト(http://kinoeki.org/)の第7回木の駅サミットサイトから必要事項を入力してください。

 *分科会などで取り上げてほしい課題などをお寄せください。

●締め切り:20181120日(火)

主催:木の駅八千代実行委員会、兄弟木の駅会議

協賛:(株)森のエネルギー研究所、 (株)森の仲間たち

この事業は、緑と水の森林ファンド、ひろしまの森づくり県民税、の助成を受けています。

〜〜〜〜

●内容:

121日(土) 12時半〜受付開始 カンパネルラの館

13時  開会:  ようこそ安芸高田へ、ようこそ木の駅八千代へ

 第6回木の駅サミット以降の全国の動き

 話題提供1:オモシロ格安簡単林業機械開発余談 〜甲賀木の駅〜

 話題提供2:地域通貨の可能性と国際会議〜高山市木の駅〜

14時半〜 ワークショップ「木の駅の多面的機能を評価する」

  木の駅にまつわる地域の変化をぜーんぶ並べてみよう。

  意外と大きな経済効果や地域づくりの思わぬ成果がゴロゴロ発見かも。

  参加者全員でブレーンストーミングして、それを専門家と一緒に料理します。

15時半〜 木の駅紹介〜近況報告:自慢と課題〜(全員)

    (各駅は自駅の概要チラシなど60部持参願います)

17時〜 話題提供3:〜掛かり木処理方法各種から搬出までの肝とロープワーク〜(高濱徹氏)

〜移動

19時〜大懇親会(全国の銘酒名産が集結します!自慢の一品持ち寄り交流会)

 〜〜〜

 

122日(日)

8時〜甲賀木の駅お手軽林業機械DEMO

9時〜話題提供2:優良材プロジェクト中間報告 〜奥出雲、額田の試み〜

9時半〜木の駅分科会(1日目の報告などから3テーマを抽出))

11時〜各分科会からの報告

11時半〜これからの木の駅と地域づくり

12時 閉会・解散

  • オプション企画13時〜15時 

    アーボリストの道具と技を使った安全で楽な掛かり木処理&搬出方法体験会 講師: 高濱 氏(匹見・縄文之森協議会)

    (参加費@1000円+※希望者に破断強度1.1tのプルージックループ用の高強度6mmロープ1.m長を今回のみ500円でお分けします。20本まで)

    〜チルホール牽引の延長、重機及び車両、エンジンウインチなどの動力牽引でも使える高強度繊維ロープの活用法と注意点(フリクションノットと軽量滑車を使った三倍力システムの作り方)。掛け縄方式と滑車を組み合わせれば、人 力(1or2名)で4m重量材をトラックに積み込めるなど〜

     

    ★★★ オプション講師紹介 ★★★

    高濱 氏(匹見・縄文之森協議会)横浜出身、2011年春に夫婦で島根に移住

    記事執筆:全国林業改良普及協会刊「New自伐型林業のすすめ」、森と暮らすNo.2 ノウハウ図解「山仕事の道具」、林業現場人 道具と技No.13「材を引っ張る技術いろいろ」、農文協刊「小さい林業で稼ぐコツ」など

     島根、広島、熊本で一般市民による森林バイオマス資源活用のための技術講習及び講演、勉強会を行ってきた。また、災害に強い森づくり、壊れない道づくり市民勉強会をコーディネート。「災害に強い街づくりは、山主と市民による山造りから」、をテーマに啓発活動を行う。

    ・自伐林業への道(http://www.synchronix.gr.jp /

    ・島根・山守ネットワーク(http://synchronix.blog.jp

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 22:24
comments(0), pookmark
急募!木の駅で地域おこし協力隊&第7回木の駅サミット開催地

‖茖群麑擇留悒汽潺奪藩驚彙楼菠臀

岐阜県恵那市→愛知県豊田市旭町→岐阜県大垣市上石津→和歌山県南部町

→奈良県吉野町→愛知県岡崎市額田とバトンをつないできて、

「今年は木の駅サミットはやらないの?」という問い合わせがちらほら届きます。

第6回は愛知県岡崎市でしたね。林業機械の発明展覧会みたいでめちゃ面白かった!

詳しくは、「林業新知識」の6月号と7月号に詳報されました。

↓こちらの額田木の駅ブログもぜひ見てください!

http://nukatakinoeki.blogspot.jp/2017/03/6in.html

さて、第7回はいつどこで開催しましょうか?「わが地域で!」という木の駅があれば申し出てください、

ご一緒に準備を始めたいと思います。残念ながら予算はゼロで(笑)、毎回手作りです頑張りましょう!

 

地域おこし協力隊募集〜日本で最も美しい村連合・長野県中川村〜

全国の木の駅100近くある中で、半分近くが地域おこし協力隊が関わっています。

とても空の広い長野県伊那谷、二つのアルプスが見える美しい村中川村が、

木の駅のスタッフや山づくりに想いを寄せる地域おこし協力隊員を募集しています。

丹羽も立ち上げのお手伝いしています。

3月に短期社会実験が始まり、夏秋には集荷が始まる計画で動いています。

そんなスタートに協力隊員が関わることになります。隊員の先輩もたくさんいます!

各地に潜在する有志たちにぜひ拡散願います。

詳しくは↓参照して問い合わせてください。

http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=10113&i=12539

役場ホームページでは締め切りが過ぎていますが他になければまだ大丈夫!!

 

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 22:40
comments(2), pookmark
2017年12月9−10日 北陸・東海・近畿ブロック会議in 福井越前

今回北陸地方で初めてブロック会議が開催されます。

北陸とは言いながら、地理的には東海、近畿からも近いので3ブロックどこからでもご参加ください。

福井県では県の肝いりで昨年一挙に5つほど「山の市場」ができました。

昨年12月に岐阜県郡上市でのブロック会議に初めて参加された「丹生(にゅう)山の市場」の代表の江ノ畑さんが、

「来年は越前ガニを食べながらやろう!」と元気よく開催宣言され、それが実現しました。

近畿からも東海からも全国からも・・・カニと交流のために福井に集まろう!!

 

★ 北陸・東海・近畿ブロック会議in福井越前 

●日時:201712910

●日程:

9日(土)

13時:集合、開会

13:30:丹生木の駅土場(ニューチップ土場見学)

14:00:報告1「全国と近隣の木の駅の状況と傾向」

15:00:報告2「参加各駅の現状と課題」

16:00:パネルディスカッション「木の駅と行政の心地よい関係づくり」

18:00:交流会

10日(日)

  8:30:ウォーミングアップ

 9:00:分科会1「木の駅立ち上げと運営の課題」、分科会2…参加者リクエストから

11:00:全体会

12:00:解散      

            (ニュウグンエチゼンチョウオタ)

●会場:福井県丹生郡越前町織田36-1

  「織田コミュニテイセンター」0778-36-1111

宿泊:福井県丹生郡越前町下河原37-19-1

  「オタイコ・ヒルズ」0778-36-2061

 

●交通アクセス

 自動車・・・武生・鯖江ICより約30分

 鉄道・・・・武生駅より(越前海岸方面バス約30分)

 送迎有無・・無

●料金

 ○参加費・・・10,000円/1人

 *交流会と宿泊料・・・夕食(交流会)6,000円・1泊朝食/人4,000円

●問い合わせ・申し込み…締め切り11月20日

 地元:0778−36−0014丹生郡森林組合f-nyugun@amber.plala.or.jp

 全国:090−9916−1546 summit-office@kinoeki.org

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 19:57
comments(0), pookmark
2017年11月11~12日 第3回木の駅東北ブロック会議in青森県新郷村(開催詳報)

2017第3回木の駅東北ブロック会議in青森県新郷村(開催詳報)

 

新郷村は、青森県の南端で八戸市と十和田湖のほぼ中間地点に位置しており、村の総面積の約75%が山林原野で占められ、農業を基幹産業とした人口2,600人の過疎の村です。

 戦前までは恵まれた山林資源を活用した木炭の生産が盛んでしたが、現在では林業従事者が激減し山林は荒廃の一途であります。

村では平成26年に森林資源の有効活用を目的に木質バイオマス利用推進協議会を立上げ、平成27年に村営の温泉施設に木質ボイラーを導入、平成28年には木の駅プロジェクト実行委員会を設立し、森林資源を活用したエネルギーの地産地消と木の駅を核とした地域通貨活用による循環型の地域経済の構築を目指し取り組んでいます。

木の駅は平成286月からオープンし、今年で2年目を迎えています。当実行委員会は山林所有者や森林組合、林業関係者、商工会等約80名の会員で運営しておりますが、事務局には役場職員が当たり、村からの補助金で運営している現状ですので、今後の組織運営や持続的発展を考えれば様々な問題や課題があります。今回、第3回東北ブロック会議の開催地にご指名を頂き、小さな村で非常に恐縮しておりますが、東北各地の先進の皆さんと情報交換し、相互の問題や課題解決に繋がればと考えています。また、青森県では今年度から木の駅プロジェクトを重点事業として推進しておりますので、木の駅立上げを考えている団体は是非ご参加いただき、本プロジェクトの一層の普及推進に結びつくような会議にしたいと思っておりますので多数のご参加をお願い致します。

 

第3回木の駅東北ブロック会議実行委員会

「木の駅しんごう」

新郷村木の駅プロジェクト実行委員長 小笠原敏彦

                 記

 

1.開催日時 : 平成29年11月11日() 13001630      12日()  8401200

 

2.会議会場 : 青森県三戸郡新郷村大字戸来字風呂前10 「新郷村山村開発センター3階」新郷村役場隣り

 

3.宿泊、交流会場 : 青森県三戸郡五戸町苗代沢3       「五戸まきば温泉」0178-62-5511

 

4.参 料 : 12,000円(宿泊代朝食付き6,500円、交流会費5,500円)

 

5.申込締切 : 10月30日(月) 先着40名

※但し、宿泊は先着30名となりますのでお早めにお申し込みください。

 

6.申込方法 : 〇疚勝↓団体名、O⇒軅(メールと電話)1日目会議出欠、ジ鯲会出欠

宿泊希望、2日目会議出欠、八戸駅からの送迎バス利用の有無を記載して、次の問い合わせ先までお申し込みください。

 

7.交通アクセス:自動車・・東北自動車道八戸I.Cから車で約50

         鉄道・・・東北新幹線JR八戸駅から車で40

             (八戸駅西口から送迎バスを準備します。1150西口駐車場発)

 

8.問い合わせ

         地元:木の駅しんごう事務局(新郷村役場産業建設課内 横田参事・福山総括)

筍娃隠沓検檻沓検檻横隠隠院 FAX0178−78−2118

Eメール:  K_yokota@vill.shingo.lg.jp

         全国:筍娃坑亜檻坑坑隠供檻隠毅苅供蔽葦健司)

Eメール: summit-office@kinoeki.org

【詳細日程】

 

11日(土)

1150 〜    八戸駅からの送迎バス利用者西口駐車場出発

1230 〜    受付開始(新郷村山村開発センター3階)新郷村役場隣り

1300 1310 開会

主催者あいさつ

歓迎のあいさつ

1310 1400 基調講演「全国と近隣の木の駅の状況と傾向」丹羽健司氏

1400 1500 報告「参加各駅の現状と課題」

1500 1515 休憩

1515 1630 パネルデスカッション「木の駅立上げ、初めの一歩」

1630 1700 送迎バスまたは自家用車で宿泊、交流会場へ移動

「五戸まきば温泉」青森県三戸郡五戸町苗代沢3

1800 2030 交流会

2000      中締め

2030      閉会

 

12日(日) 

800 〜     送迎バスまたは自家用車で「五戸まきば温泉」発

830 〜    新郷村山村開発センター集合(新郷村役場隣り)

840 1000 情報交換会(木の駅発展の課題解決法)

1015 1030 木の駅しんごう現地視察

1045 1200 小型林業機械等による材の搬出実演

1200      解散(八戸駅への送迎バス利用者出発)

 

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 21:01
comments(0), pookmark
2017年11月11−12日東北ブロック会議in青森新郷村

全国の木の駅につながる皆様へ

 

6回木の駅サミットin岡崎・額田から6か月が過ぎました。そして、秋から冬は各地でのブロック会議の季節です。

11月11−12日には青森県新郷村で東北ブロック会議が、

12月9−10日には福井県越前で北陸・東海・近畿ブロック会議が開催予定です。

自県、近隣はもちろん遠隔地参加もOKです。

現在の課題と自慢を持ち寄り交流の中から解決していきましょう。

青森は「立ち上げ」、福井は「行政との関係」がメインテーマです。

参加資格は、実行中もしくは準備中の木の駅関係者です。

〜〜〜〜

★ 第3回東北ブロック会議in青森新郷 (開催企画案)

●開催日時:平成29年11月11日() 13001630

12日()  9001200

●日程:

11日(土)

1230 〜    受付開始(新郷村山村開発センター3階)新郷村役場隣り

1300 1320 開会

主催者あいさつ

歓迎のあいさつ

1320 1400 報告1「全国と近隣の木の駅の状況と傾向」丹羽

1400 1500 報告2「参加各駅の現状と課題」

1500 1515 休憩

1515 1630 パネルデスカッション「木の駅立上げ、初めの一歩」

1630 1700 「宿泊、交流会場」へ移動(送迎バスまたは自家用車)

「五戸まきば温泉」青森県三戸郡五戸町苗代沢3

1800 2030 交流会

2000      中締め

2030      終了

 

12日(日) 

800 〜     送迎バスまたは自家用車で「五戸まきば温泉」発

830 〜    新郷村山村開発センター集合(新郷村役場隣り)

840 1000 情報交換会(木の駅発展の課題解決法)

1015 1030 木の駅しんごう現地視察

1045 1200 小型林業機械等による材の搬出実演

1200      解散

 

●会 場:青森県三戸郡新郷村大字戸来字風呂前10

    「新郷村山村開発センター3階」新郷村役場隣り

 

●宿 泊:青森県三戸郡五戸町苗代沢3

「五戸まきば温泉」0178-62-5511

 

●交通アクセス

 自動車・・東北自動車道八戸I.Cから車で約50

 鉄道・・・東北新幹線JR八戸駅から車で40

         (八戸駅西口から送迎バスを準備します。)

●料金

 参加料・・・12,000円(宿泊代朝食付き6,500円、交流会費5,500円)

 

●申込締切  10月30日(月) 先着40名

※但し、宿泊は先着30名となりますのでお早めにお申し込みください。

 

●問い合わせ

 地元:木の駅しんごう事務局(新郷村役場産業建設課内 横田・福山)

筍娃隠沓検檻沓検檻横隠隠院 FAX0178−78−2118

Eメール:  K_yokota@vill.shingo.lg.jp

 全国:090−9916−1546 summit-office@kinoeki.org

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 14:30
comments(0), pookmark
第6回木の駅サミットin岡崎レポート

中島彩さんが「林業新知識6月号」に寄稿されました!

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 22:01
comments(0), pookmark
第6回木の駅サミットご参集の皆さんへ(直前版)

第6回木の駅サミットご参集の皆さんへ

いよいよサミットですね。

地元額田の木の駅の皆さんともどもお待ちしています。

つきましては、下記の事項について、最後の確認とお願いをいたします。

 

‥甜屬諒は1208本宿着までお待ちします。万一の場合は丹羽携帯(090−9916−1546)まで連絡下さい。

各駅とも地域の銘酒名産を持ち寄って交流を深めましょう。清酒は一升瓶より4合瓶が最適です(笑)。洗顔セットなども念のためご持参を。

6畚蠅砲魯灰鵐咼砲呂發舛蹐鵑店は皆無です。1日目は食事を済ませてきてください。

さ∀で出発時間がタイトな方は申し出てください。

 

ゼ駅の活動を紹介するモノを持参ください。(ノボリ、ポスター、地域通貨サンプル、マニュアル、お揃いジャンバー等、案内パンフ、報道記事、オリジナル製品、などなど)展示物を3月1日までに郵送または当日持参を

自駅を端的に紹介したモノ(報道記事でも可)をA4もしくはA3で1枚分をファイルで3月1日までに送信(事務局で印刷します)、もしくは現物90枚持参してください。

 

С同悒轡隋璽肇好圈璽舛錬科まで、自慢と課題を中心にスピーチしてください。詳しくは自駅展示コーナーで展示物を見ながらレクチャーして自由に交流してください。

┳同愿玄┐閥Δ法⇒槎深髻別樹)、フシック(枝)、桜樺工芸(樹皮)、組手什、薪ボイラー、境界確定、山の棚卸し、森の健康診断などの特別コーナーも用意しています。お楽しみに!

ヨソモノ分科会以外の内容は当日発表し、出来るだけ希望に沿いながら組み分け・運営します。

別途丹羽から電話もしくはメールする場合がありますのでその時は対応してください。

 

それでは額田でお会いしましょう!

 

第6回木の駅サミット事務局

唐沢晋平、筏井美枝子、丹羽健司

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 23:55
comments(1), pookmark
参考までに・・・昨年の木の駅サミットレポートです

昨年の「第5回木の駅サミットin吉野」を中島彩さんがレポートしました。(「林業新知識」2016年6月号掲載)

 

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 07:24
comments(0), pookmark
第6回木の駅サミットin額田、3月3−4日愛知県岡崎市で開催

今年もやるぞ、木の駅サミット。
数えて6回目は、愛知県岡崎市の「額田木の駅」。2015年5月にキックオフして、毎月100トンペースで集荷し出荷者もはや100人を超える。額田林研の本気の山主たちと宮城県栗駒からのヨソモノ唐沢さんらが激しく化学反応。子どもの森の健康診断から子ども木の駅、用途開拓もとどまることを知らない。
今年の木の駅サミットは、ヨソモノと地域おこし協力隊が額田に集まろう。各地のブロック会議も地域おこし協力隊はじめヨソモノの元気がいい。詳しくは追ってお知らせします。
まずはスケジュール確保を。

兄弟木の駅会議 丹羽健司

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 21:27
comments(0), pookmark
みんな集まれ!木の駅ブロック会議in郡上八幡〜12/10-11〜

北陸地方と岐阜県、それから近くの木の駅仲間はみんな集まれ!

準備中のところも参加OK!!誰でも大歓迎!

 

〜〜〜〜〜

 

「木の駅ブロック会議イン郡上八幡」開催のごあんない

 

400年の歴史を誇る郡上おどりと天空の城 郡上八幡城に代表される小京都郡上八幡。

この郡上八幡と飛騨高山を結ぶせせらぎ街道沿いにある石原地区で活動をおこなっている、私たち山いきさの会は、木の駅プロジェクトを実施しながら、地域の課題を解消し、古くから伝わる山しごとの技術を次の世代につなげる活動をおこなっています。

 この度、木の駅ブロック会議開催地として、日々活躍されるみなさんと感動を共にしたいと思っていますので、ぜひご参加ください。

山いきさの会 会長 和田 一石 

 

○日 時:12月10日(土)13時〜11日(日)12時まで

                                                    13時〜15時 オプションイベント

○会 場:せせらぎ街道の宿たかお

     岐阜県郡上市八幡町市島945−1  0575−62−2139

○参加料:1,000円/人

○交流会と宿泊料:夕食(交流会)4,800円、1泊朝食5,120 /人

 

1210日(土)

13時 集合〜木の駅土場等見学

14時 木の駅会議

18時 終了

1830分〜懇親交流会(各地の銘酒名産 持ち込み大歓迎)

 

1211日(日)

830分〜 木の駅会議

12時 終了・解散

13時〜15時 *オプション企画:ポータブルウインチ講習会(参加費無料&要申込み)

       内容詳細は後日お知らせ

 

○問い合わせ・申し込み(締切:12月5日)

山いきさの会 事務局 和田透 gujo.yanagiba2@gmail.com 090-7308-9404

または、兄弟木の駅(丹羽)→info@kinoeki.org  090-9916-1546

→申し込み時に

〇疚勝↓団体名、O⇒軅茵淵瓠璽襪氾渡叩法↓1日目会議出欠、ジ鯲会出欠、

宿泊希望、2日目会議出欠、┘プションイベント出欠→お知らせください。

 主催:兄弟木の駅会議 共催:山いきさの会 

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 17:03
comments(1), pookmark
Copyright(c) nakanoho-blog.kinoeki.org 2009- All Rights Reserved